犬のような猫、猫のような犬

PR|粗大ゴミ回収を低価格で|シェアオフィスで人気なら| 加古川市で泥沼離婚を避けたいなら | 寝屋川でおすすめ葬儀式場|

長年飼っていた犬がなくなり3年間はペットを飼う気持ちになれず過ごしたことがあります。悲しみの中、ペットのお葬式や大阪府の自宅の遺品整理をしましたが、犬や猫などの葬儀や埋葬もなかなか大変なのだということをその時はじめてしりました。人間でも今は散骨とか粉骨とか、いろいろな葬儀方法があるようですね。

もう2度とペットを飼わないつもりでいましたが、やはり寂しくて再び我が家に犬と猫を迎えることにしました。犬はペットショップで購入して、猫はダンボールに入って捨てられていたところを保護してそのまま飼う事に。

で、その犬と猫ですが、何をどう間違えたのか性格が入れ替わってしまっています。

我が家の犬は基本的に人間にくっついてきません。

夜寝る時も一人で二階の空き部屋に行ってさっさと寝てしまいます。

人間嫌いというわけではなく、猫のように気ままなのです。

人間と同じスペースには居たいけれど、ベタベタするのは嫌いなようです。

そして猫の方は人間にベッタリです。

どこへ行くのにも後ろをついて来ます。

人間がトイレ中もじっとトイレの前で待っていたりします。

椅子や床に座ればすぐに太ももの上に乗ってきますし、夜横になれば布団の中に入って来てピッタリとくっつきます。

我が家の犬猫は本当にどこかで中身が入れ替わってしまったのではないかと思うほど、犬らしくない犬と猫らしくない猫です。

PR|美容と健康女性ランキング|会社経営に必要な知恵袋|注文住宅のための用語集|ゴミ屋敷解消Q&A|カウンセリングのお悩み解決サイト|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net|英会話ノウハウ勉強会|